メンズ

部屋に入れなくなったら鍵紛失の専門業者に依頼しよう

玄関のリニューアルで防犯

作業員

防犯性の高い仕様に交換

家庭の防犯を考える上では、玄関が一つのポイントになります。玄関のドアは、製品によって犯罪に対する耐久力に差があるのが現実です。今では、建材メーカーなどが防犯性の高いドアを提供します。ドア修理の必要が出た時には、こういった新式のドアに交換という方法も可能です。玄関のドアを変えるだけで、防犯対策が出来てしまうのが、最近の室内工事です。玄関は、侵入口として最も利用される可能性が高い場所です。ですので、他の場所よりも重点的に対策を練る必要があります。修理のついでにドアそのもの交換をしてしまえば、エントランス部分のリニューアルも同時に実現します。年数を経た製品の修理は、意外に高くつくのが常です。それに比べると交換の場合は、色々なメリットが伴います。

盲点になる換気設備

昨今販売されている玄関ドアの一部には、室内と外気の通気性を良くする機能が設けられます。手軽に換気が出来るのが良い点ですが、設計によってはこじ開けなどに気を付ける必要が出てきます。チェーンやドアロックなどを使って換気するドアの場合、開錠のテクニックが広く知られるようになっています。従って、換気機能がある製品は、使い方に工夫が求められてきます。あるメーカーが発売する製品はスライド式の換気口があり、ドアを開かずに換気が出来ます。従って、通常の開錠テクニックが使えない仕様です。修理の際の交換では、こういった製品を選ぶと安全性が高いと言えます。常に油断をしないのが、犯罪被害に遭わないための秘策の一つです。